書誌事項

県犬養橘三千代

義江明子著 ; 日本歴史学会編集

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻262])

吉川弘文館, 2009.12

  • : 新装版

タイトル別名

県犬養橘三千代

県犬養橘三千代

タイトル読み

アガタ ノ イヌカイ ノ タチバナ ノ ミチヨ

大学図書館所蔵 件 / 274

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

系図: p156-157

略年譜: p158-169

参考文献: p170-180

内容説明・目次

内容説明

奈良朝に政界で活躍した女官。少女の時より、天武から聖武までの歴代天皇に側近として仕える。特に元明女帝との強い絆と卓越した資質で比類ない政治力を培い、夫藤原不比等の政治基盤を固め、子の橘諸兄、光明子らの政治的地位を確立させた。女帝が即位し、貴族女性の政治的活躍が求められた時代、新興氏族の藤原・橘氏の繁栄の基盤を築いた生涯。

目次

  • 第一 後宮出仕
  • 第二 宮人として
  • 第三 県犬養橘宿禰三千代
  • 第四 三千代の死とその後
  • 第五 三千代の信仰
  • 第六 三千代の追善

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

ページトップへ