書誌事項

二つのケルト : その個別性と普遍性

小辻梅子, 山内淳編

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2011.9

タイトル読み

フタツ ノ ケルト : ソノ コベツセイ ト フヘンセイ

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

ケルトの民が住むイギリス諸島とフランスのブルターニュ。この“島のケルト”と“大陸のケルト”の歴史や伝統、神話や言語・文学、また音楽や自然観を通して、文化の普遍性と個別性をさぐる。

目次

  • 第1章 ケルトの歴史的発展—ガリアを中心に
  • 第2章 ブルターニュ公国の興亡
  • 第3章 抗う人々の歴史—フランス・ブルターニュ半島の闘争
  • 第4章 ケルティック・アイルランドの歴史と文化
  • 第5章 文学から観るケルティック・アイルランド再生
  • 第6章 ケルト民話とアイルランド文学—その風景と魂
  • 第7章 ケルトの自然
  • 第8章 開かれるケルト民謡—文部省唱歌からケルティック・ウーマンまで

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ