書誌事項

サンティアゴ・デ・コンポステーラと巡礼の道

グザヴィエ・バラル・イ・アルテ著 ; 遠藤ゆかり訳

(「知の再発見」双書, 159)

創元社, 2013.5

タイトル別名

Compostelle le grand chemin

サンティアゴデコンポステーラと巡礼の道

タイトル読み

サンティアゴ・デ・コンポステーラ ト ジュンレイ ノ ミチ

大学図書館所蔵 件 / 213

注記

監修: 杉崎泰一郎

サンティアゴ・デ・コンポステーラに関連する簡易年表: p150-151

参考文献: p158

内容説明・目次

内容説明

9世紀に現在のスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラで、イエス・キリストの使徒のひとりである聖ヤコブの墓が発見された。その後聖ヤコブ崇拝が広まり、サンティアゴ・デ・コンポステーラは聖地となった。キリスト教文明が最盛期をむかえた中世には、大規模な巡礼が行われた。

目次

  • 第1章 「ムーア人殺し」の聖ヤコブ
  • 第2章 中世の巡礼
  • 第3章 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
  • 第4章 ロマネスク美術の栄光をたたえて
  • 第5章 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの到着
  • 資料篇—聖ヤコブと巡礼者たち(聖ヤコブの肖像;巡礼者たち;全ヨーロッパでの評判;旅の手帳)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12390515
  • ISBN
    • 9784422212197
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    158p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ