書誌事項

ケネディと世界存亡の危機

オリバー・ストーン, ピーター・カズニック著 ; 熊谷玲美 [ほか] 訳

(オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 / オリバー・ストーン, ピーター・カズニック著, 2)

早川書房, 2013.5

タイトル別名

The untold history of the United States

タイトル読み

ケネディ ト セカイ ソンボウ ノ キキ

大学図書館所蔵 件 / 247

注記

その他の訳者: 小坂恵理, 関根光宏, 田沢恭子, 桃井緑美子

内容説明・目次

内容説明

第二次大戦後、世界が全面核戦争に瀕したキューバ危機は、冷戦で対立するソ連との対話路線を模索したケネディ大統領にも防げなかった東西緊張の頂点で、現代史有数のハイライトである。しかし、そのきっかけとなった冷戦は、通説とは異なりアメリカが主導していたものだったし、実はアメリカは一再ならず、核戦争の瀬戸際に世界を追いやっていたのだ。さらにこのころ、ラテンアメリカ、朝鮮半島、東南アジア、中東の国々を軍事介入という形でいいように操り、アメリカは帝国の版図を表面的には穏便に広げていた—ベトナム戦争で泥沼にはまり、世界にその素顔の一端を明かすまでは。「もしケネディが暗殺されなかったら」をいやおうなく考えさせられる、歴史超大作第二弾。

目次

  • 第5章 冷戦—始めたのは誰か?(第二次大戦後の荒廃;ひとり活況を示すアメリカ ほか)
  • 第6章 アイゼンハワー—高まる軍事的緊張(米ソ対立は本当に避けられなかったか?;ますます増える原爆の備蓄数 ほか)
  • 第7章 JFK—「人類史上、最も危険な瞬間」(新しい指導者、フルシチョフ;ソ連のスプートニク・ショック ほか)
  • 第8章 LBJ—道を見失った帝国(ケネディ暗殺の余波;「偉大な社会」を目指したジョンソン大統領 ほか)
  • 第9章 ニクソンとキッシンジャー—「狂人」と「サイコパス」(「覇権国家アメリカ」というビジョンは共有する二人;反戦の大きなうねりに乗って ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ