データ分析のための思想と方法

書誌事項

データ分析のための思想と方法

(統計学が最強の学問である / 西内啓著, 実践編)

ダイヤモンド社, 2014.10

タイトル読み

データ ブンセキ ノ タメ ノ シソウ ト ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 402

注記

タイトルは奥付による

巻末に参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

平均値の知られざる本質から代表的な6手法の使い方まで、「ビジネス×統計学」の最前線で活躍する著者が明かす因果関係を見抜くためのフレームワーク。

目次

  • 序章 ビジネスと統計学を繋ぐために
  • 第1章 統計学の実践は基本の見直しから始まる—「平均」と「割合」の本質
  • 第2章 統計学が「最強」であるもう1つの理由—標準誤差と仮説検定
  • 第3章 洞察の王道となる手法群—重回帰分析とロジスティック回帰
  • 第4章 データの背後にある「何か」—因子分析とクラスター分析
  • 終章 統計手法のまとめと使用の手順

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ