書誌事項

カザフスタンを知るための60章

宇山智彦, 藤本透子編著

(エリア・スタディーズ, 134)

明石書店, 2015.3

タイトル読み

カザフスタン オ シル タメ ノ 60ショウ

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

カザフスタンを知るための参考文献: p360-376

内容説明・目次

目次

  • 1 自然環境・地理・民族(自然環境と人々のかかわり—地形、気候と氷河の役割;生態—半乾燥地域における自然利用と暮らしとその変容 ほか)
  • 2 歴史(気候変動とカザフ草原の歴史—気候・植生の復元から;遊牧民の遺跡—古墳、黄金人間、岩画、石人 ほか)
  • 3 生活・社会(もてなしと食文化—カザフ料理から多様な外食産業まで;伝統的天幕と現代の住居—シャヌラクは家族の象徴 ほか)
  • 4 文化・芸術(口承文芸の世界—カザフ文化の支柱;カザフ文学—「反乱の詩人」から現代作家まで ほか)
  • 5 政治・経済(長期化するナザルバエフ政権—大統領への権力集中と強なる閉塞感;外交・地域協力—「全方位外交」に見るリアリズム ほか)
  • 6 日本とのかかわり(日本人抑留者—戦後最大の悲劇の中で;セミパラチンスク核実験場とヒロシマ・ナガサキ—「ヒバクシャ」の医療支援 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ