書誌事項

コンヴィヴィアリティのための道具

イヴァン・イリイチ著 ; 渡辺京二, 渡辺梨佐訳

(ちくま学芸文庫, [イ-57-1])

筑摩書房, 2015.10

タイトル別名

Tools for conviviality

タイトル読み

コンヴィヴィアリティ ノ タメ ノ ドウグ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

日本エディタースクール出版部, 1989.3刊の文庫化

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

ますます混迷の度を深め、閉塞感が高まる現代。現行の諸制度に対する不満がさまざまな形で噴出している。では、めざすべき新たな社会とはどういったものか—。イリイチはそれをコンヴィヴィアリティ(自立共生)という言葉に託した。人間の本来性を損なうことなく、他者や自然との関係性のなかでその自由を享受し、創造性を最大限発揮させていく社会、技術や制度に隷従するのではなく、人間にそれらを従わせる社会、それは決してユートピアではない。近年興隆する脱成長論の思想的源泉をなし、新たな社会を構想するためのヒントが凝縮された、不朽のマニフェスト!

目次

  • 1 二つの分水嶺
  • 2 自立共生的な再構築
  • 3 多元的な均衡(生物学的退化;根元的独占;計画化の過剰;分極化;廃用化;欲求不満)
  • 4 回復(科学の非神話化;言葉の再発見;法的手続きの回復)
  • 5 政治における逆倒(神話と多数派;崩壊から混沌へ;危機の洞察;急激な変化)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ