トルコ現代史 : オスマン帝国崩壊からエルドアンの時代まで

書誌事項

トルコ現代史 : オスマン帝国崩壊からエルドアンの時代まで

今井宏平著

(中公新書, 2415)

中央公論新社, 2017.1

タイトル読み

トルコ ゲンダイシ : オスマン テイコク ホウカイ カラ エルドアン ノ ジダイ マデ

大学図書館所蔵 件 / 308

注記

参考文献: p313-320

内容説明・目次

内容説明

1923年に建国したトルコ共和国。革命を主導し、建国の父となったムスタファ・ケマルは、共和主義・民族主義・人民主義・国家資本主義・世俗主義・革命主義という6原則を掲げ国家運営の舵を取った。それから約1世紀、数度のクーデタ、オザル首相の政治改革を経たトルコでは、エルドアンが政敵を排除しながら躍進を続けている。ケマルが掲げた6原則を通して、トルコの百年の足跡を振り返る。

目次

  • 序章 トルコはいま、何を目指しているのか
  • 第1章 トルコ共和国の国家建設
  • 第2章 複数政党制下における混乱
  • 第3章 冷戦期のトルコ外交
  • 第4章 トゥルグット・オザルの時代
  • 第5章 迷走する第三共和政
  • 第6章 公正発展党の台頭とその政権運営
  • 第7章 安定を模索する公正発展党
  • 第8章 トルコと日本の関係
  • 終章 建国一〇〇周年を見据えて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ