宇宙に「終わり」はあるのか : 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで

書誌事項

宇宙に「終わり」はあるのか : 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで

吉田伸夫著

(ブルーバックス, B-2006)

講談社, 2017.2

タイトル別名

宇宙に終わりはあるのか : 最新宇宙論が描く誕生から10の100乗年後まで

タイトル読み

ウチュウ ニ「オワリ」ワ アルノカ : サイシン ウチュウロン ガ エガク、タンジョウ カラ「10 ノ 100ジョウネン」ゴマデ

大学図書館所蔵 件 / 288

注記

年表宇宙「10の100乗年」全史: p276

内容説明・目次

内容説明

現在は、宇宙が誕生した「直後」にすぎない—。今から138億年前、宇宙はビッグバンで生まれた。この「138億年」は、宇宙にとってはほんの一瞬である。宇宙は、現在までの138億年を序盤のごく一部として含み、今後少なくとも「10の100乗年」にわたる未来を有する。この遠い未来の果てに、宇宙は「終わり」を迎えるのか?宇宙の誕生から終焉までを最新科学に基づいて見渡し、人類の時間感覚とはまったく異なる、壮大な視点に立つ。

目次

  • 第1部 過去編(不自然で奇妙なビッグバン—始まりの瞬間;広大な空間、わずかな物質—宇宙暦10分まで;残光が宇宙に満ちる—宇宙暦100万年まで;星たちの謎めいた誕生—宇宙暦10億年まで;そして「現在」へ—宇宙暦138億年まで)
  • 第2部 未来編(銀河壮年期の終わり—宇宙暦数百億年まで;消えゆく星、残る生命—宇宙暦1兆年まで;第二の「暗黒時代」—宇宙暦100兆年まで;怪物と漂流者の宇宙—宇宙暦1垓(10)年まで;虚空へ飛び立つ素粒子—宇宙暦1正(10)年まで;ビッグウィンパーとともに—宇宙暦10年、それ以降;不確かな未来と確かなこと—残された謎と仮説)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23062992
  • ISBN
    • 9784065020067
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    280p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ