世紀末絵画、ピカソ、シュルレアリスム

書誌事項

世紀末絵画、ピカソ、シュルレアリスム

(中公新書, 386 . 近代絵画史 : カラー版 / 高階秀爾著||キンダイ カイガシ : カラーバン ; 下)

中央公論新社, 2017.9

増補版

タイトル別名

近代絵画史 : ゴヤからモンドリアンまで

世紀末絵画ピカソシュルレアリスム

タイトル読み

セイキマツ カイガ、ピカソ、シュルレアリスム

大学図書館所蔵 件 / 215

注記

初版: 近代絵画史 : ゴヤからモンドリアンまで (1975刊)

参考文献: p218-220

内容説明・目次

内容説明

二十世紀の美術は、思いがけない多面的展開によって私たちを驚かす。しかし、抽象絵画やシュルレアリスムの作品は、決して画家の気まぐれや偶然の産物ではない。それぞれの美術運動は、印象派で頂点を極めた写実主義を想像力で乗り越えようとするものであった。十九世紀前半から第二次世界大戦にいたる一五〇年間の西洋絵画を概観。下巻は、世紀末絵画から抽象絵画までを描く。増補にあたり、あとがきを新規に収載。

目次

  • 第13章 世紀末絵画
  • 第14章 ドイツ表現主義
  • 第15章 マティスとフォーヴィスム
  • 第16章 フォーヴの画家たち
  • 第17章 ピカソとキュビスム
  • 第18章 キュビスムの画家たち
  • 第19章 幻想の系譜
  • 第20章 エコール・ド・パリ
  • 第21章 機械文明への讃美と反撥
  • 第22章 シュルレアリスム
  • 第23章 バウハウスとその周辺
  • 第24章 抽象絵画への道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ