書誌事項

「みんなの学校」から「みんなの社会」へ

尾木直樹, 木村泰子著

(岩波ブックレット, No. 997)

岩波書店, 2019.4

タイトル別名

みんなの学校からみんなの社会へ

タイトル読み

「ミンナ ノ ガッコウ」 カラ 「ミンナ ノ シャカイ」 エ

大学図書館所蔵 件 / 226

内容説明・目次

内容説明

いま、学校は子どもの力を育んでいるか。大人に都合のよい教育に、子どもを押し込めていないか。どんな子にも居場所をつくる教育を実践する大阪市立大空小学校の日常を追った映画『みんなの学校』で話題の木村泰子元校長と、人気の教育評論家・尾木ママが熱く語り合う。一人ひとりが主体となって自分たちの手で社会をつくり、未来を拓くための教育をめざして。

目次

  • はじめに—「社会を変える」=「自分を変える」
  • 第1章 子どもが見えなくなっている学校現場
  • 第2章 正解のない問いを問い続ける大切さ
  • 第3章 道徳の教科化が子どもたちから奪うもの
  • 第4章 「みんなの学校」から「みんなの社会」へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ