移民の経済学 : 雇用、経済成長から治安まで、日本は変わるか

書誌事項

移民の経済学 : 雇用、経済成長から治安まで、日本は変わるか

友原章典著

(中公新書, 2575)

中央公論新社, 2020.1

タイトル別名

移民の経済学 : 雇用、経済成長から治安まで、日本は変わるか

移民の経済学 : 雇用経済成長から治安まで日本は変わるか

タイトル読み

イミン ノ ケイザイガク : コヨウ、ケイザイ セイチョウ カラ チアン マデ、ニッポン ワ カワルカ

大学図書館所蔵 件 / 315

内容説明・目次

内容説明

すでに250万人の「移民」が暮らす日本。2018年末に入管法を改正し、さらなる外国人労働者の受け入れ拡大に舵を切った。移民が増えると、私たちの生活にどのような影響があるのか。本書は、雇用や賃金、経済成長や物価、貿易、税と社会保障、さらに科学技術、治安・文化に至るまで、主要な論点を網羅。経済学の研究成果をもとに分析することで、感情的な議論を超え、移民がもたらす「損」と「得」を明らかにする。

目次

  • 序章 移民と日本の現在
  • 第1章 雇用環境が悪化するのか
  • 第2章 経済成長の救世主なのか
  • 第3章 人手不足を救い、女性活躍を促進するのか
  • 第4章 住宅・税・社会保障が崩壊するのか
  • 第5章 イノベーションの起爆剤になるのか
  • 第6章 治安が悪化し、社会不安を招くのか
  • 終章 どんな社会を望むのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ