はじめてのニュース・リテラシー

書誌事項

はじめてのニュース・リテラシー

白戸圭一著

(ちくまプリマー新書, 371)

筑摩書房, 2021.3

タイトル別名

はじめてのニュースリテラシー

タイトル読み

ハジメテ ノ ニュース・リテラシー

大学図書館所蔵 件 / 152

内容説明・目次

内容説明

誰もが情報発信できる現代、ニュースの“信用度”を的確に評価することは、さらに喫緊で重要な課題になった。ニュースの作られ方から陰謀論の構造までを精査する。

目次

  • 第1章 誰もが情報発信する時代(一三〇年前の流言;新型コロナ感染拡大とインフォデミック ほか)
  • 第2章 ジャーナリズムとは何か(人は生きるために「ニュース」を欲する;「メディア」とは何か ほか)
  • 第3章 事実・捏造・偏向(「事実」とは何か;「事実」の乱立 ほか)
  • 第4章 ニュースの作られ方(報道されること、報道されないこと;新聞制作の流れ ほか)
  • 第5章 「陰謀論」と「不誠実な報道」(トランプ時代の「情報と人間」;「どの筋から圧力が?」 ほか)
  • おわりに—「正確な事実」をつかむために

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ