書誌事項

行動療法

内山喜久雄著

(講座サイコセラピー, 2)

日本文化科学社, 1988.8

タイトル読み

コウドウ リョウホウ

大学図書館所蔵 件 / 303

注記

監修: 内山喜久雄, 高野清純

文献: p[166]-171

内容説明・目次

内容説明

本書は、行動療法が特定の人々のための特殊な学問体系ではなく、教育、職場、家庭、地域社会などでの日常生活から発生する問題を解決し、すべての人々の明るい生活や、子どもの望ましい発達をめざすための重要な方法であるということに重点を置いて執筆した。そのために、難解な学習理論は必要最小限にとどめたが、同時に、個々の技法の解説では、理論的根拠をはっきりさせて、問題解決のための指導・臨床実践、治療が誤りなく行われるよう配慮した。

目次

  • 第1章 行動療法
  • 第2章 系統的脱感作法
  • 第3章 主張訓練法
  • 第4章 情動提示法
  • 第5章 リラクセーション法
  • 第6章 行動強化法
  • 第7章 行動消去法
  • 第8章 認知行動療法—レスポンデント系
  • 第9章 認知行動療法—オペラント系
  • 第10章 認知行動療法—ハイブリッド系
  • 第11章 モデリング法

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0260545X
  • ISBN
    • 9784821061402
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 182p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ