書誌事項

聞き書愛媛の食事

「日本の食生活全集愛媛」編集委員会編

(日本の食生活全集, 38)

農山漁村文化協会, 1988.12

タイトル別名

愛媛の食事

タイトル読み

キキガキ エヒメ ノ ショクジ

大学図書館所蔵 件 / 441

注記

編集委員会代表: 森正史

内容説明・目次

内容説明

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの愛媛県の食生活を再現したものです。各地域の食についての調査・取材の協力者は、昭和初期に食事づくりにたずさわっていられた主婦の方々を中心にしました。それらの方々から聞き書きしたものを、一般にわかりやすく書いたものです。

目次

  • 宇和海〈西海〉・宇和島の食—段々畑から見下ろす海は、いわしの宝庫
  • 肱川流域〈大洲〉の食—“あいざつま”は愛媛県第一の川のふるまい
  • 石鎚山系〈久万山〉の食—お客ごとには“食い倒れ”の大盤ぶるまい
  • 道後平野〈重信〉の食—まっ赤なひのかぶ漬が冬の食をいろどる
  • 高縄山塊〈鈍川〉の食—村の絆が深まる冬の夜のししなべと酒
  • 燧灘沿岸と魚島の食—大漁の桜だいを堪能する瀬戸内の食
  • 人の一生と食べもの
  • 愛媛の食とその背景
  • 愛媛の食 資料

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02787299
  • ISBN
    • 9784540880452
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    357, 9p, 図版 [16] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ