書誌事項

内発的発展論

鶴見和子, 川田侃編

東京大学出版会, 1989.3

タイトル読み

ナイハツテキ ハッテンロン

大学図書館所蔵 件 / 338

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

21世紀を目前にしたわれわれの地球は、生態系破壊、貧困・飢餓、核・戦争の脅威などに象徴されるような、極めて深刻な危機の中にある。本書は、このような地球的規模の諸問題が、西欧型「近代化」の負の集積に起因することを明らかにしながら、この「近代化論」にとって代わることのできる新しい発展の道を、「地域」から発想しながら追究した、意欲的研究書である。

目次

  • 第1部 内発的発展論とは何か(内発的発展論の起源と今日的意義;内発的発展論の系譜;新国際秩序と第三世界知識人—世界危機への対応能力としての知的創造性;非西欧的方法論の試み)
  • 第2部 内発的発展を探る—その条件と実際的展開(開放定常系と生命系—江戸時代の水土思想からみた現代エントロピー論;ラテンアメリカの歴史的特質と内発的発展;内発的発展の模索—東南アジアNGOs・研究者の役割との関連で;地縁技術と地域自立運動—南アジアからの事例;アジアにおける内発的発展の多様な発現形態—タイ・日本・中国の事例)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03280419
  • ISBN
    • 4130501003
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 268p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ