書誌事項

江戸漂流記総集 : 石井研堂これくしょん

石井研堂 [編] ; 山下恒夫再編

日本評論社, 1992.4-

  • 第1巻
  • 第2巻
  • 第3巻
  • 第4巻
  • 第5巻
  • 第6巻

タイトル読み

エド ヒョウリュウキ ソウシュウ : イシイ ケンドウ コレクション

大学図書館所蔵 件 / 197

注記

石井研堂略年譜: 第1巻 p615-622

子書誌あり

子書誌: 別巻 大黒屋光太夫史料集 第1-4巻にはタイトル関連情報の記述なし

収録内容

  • 1: 元和漂流記ほか20篇
  • 2: 志州船台湾漂着話ほか12篇
  • 3: 大黒屋光太夫ロシア漂流一件ほか10篇
  • 4: ペラホ物語ほか11篇
  • 5: 中浜万次郎漂流一件ほか7篇
  • 6: 漂流民が語る日本とロシア《インタビュー》
  • 環海異聞

内容説明・目次

巻冊次

第1巻 ISBN 9784535066113

目次

  • 石井研堂と江戸漂流記 対談(鶴見俊輔;山下恒夫)
  • 元和漂流記
  • 讃州船島国脱航談
  • 唐国漂着記事2篇
  • 韃靼漂流記
  • 勢州船北海漂着記
  • 馬丹島漂流記
  • 阿州船無人島漂流記
  • 薩州船清国漂流談
  • 十三夜丸台湾漂流記
  • 津軽船朝鮮江陵漂着記
  • 日州船漂落紀事
  • 遠州船無人島物語
  • 無人島漂着八丈島浦手形ほか
  • 無人島談話
  • 鳥島物語
  • 寛政無人島漂民浦賀番所口書など
  • 土州人長平漂流日記
  • 山田仁左衛門渡唐録
  • 徳兵衛天竺物語
  • じゃがたら文と阿蘭陀文
巻冊次

第2巻 ISBN 9784535066120

内容説明

本総集は、石井研堂の二編著『漂流奇談全集』『異国漂流奇譚集』と、東京商船大資料館所蔵の研堂奇贈漂流記類写本を中心に構成し、さらに幾篇かの新史料を加え、新たに再編纂したものである。

目次

  • 江戸文化と廻船と 対談
  • 志州船台湾漂着話
  • 奥州荒浜船南通州漂着始末
  • 吹流れ天竺物語
  • 南海紀聞
  • 安南国漂流物語
  • 奥州人安南国漂流記
  • 南瓢記
  • 薩州人唐国漂流記
  • 松前船松栄丸唐国漂流記
  • 漂客紀事
  • 難船奇聞
巻冊次

第4巻 ISBN 9784535066144

目次

  • 海流と風、そして船
  • ペラホ物語
  • 越前船宝力丸清国漂着覚書き
  • 融勢丸唐流帰国記
  • 神力丸馬丹漂流口書
  • 漂客寿三郎庄蔵手簡
  • 漂民送還ニ就テノ上書
  • 呂宋国漂流記
  • 亜墨新話
  • 阿州船幸宝丸漂流記
  • 乙巳漂客記聞
  • 嘉永船便加羅物がたり
  • 広東漂船雑記
巻冊次

第5巻 ISBN 9784535066151

目次

  • 開国と漂流民群像 対談(鶴見和子;春名徹)
  • 中浜万次郎漂流一件
  • 満次郎漂流記
  • 紀州船米国漂流記
  • 紀州天寿丸露国漂流記
  • 漂流記
  • 播州人米国漂流始末
  • 銚子湊御城米荷打ち吟味一件
  • 漂流譚雑筆
巻冊次

第6巻 ISBN 9784535066168

内容説明

最終巻は江戸時代最大の漂流記録『環海異聞』。アリューシャンへの漂着とロシアでの生活、そして世界一周船への同乗という希有な体験をした回船乗りたちの見聞は、世界地誌書として広く筆写され、開国の受容に大きな役割をはたすことになる。

目次

  • 漂流民が語る日本とロシア インタビュー
  • 環海異聞
  • 弁才船図
  • 解題
  • 『環海異聞』関係略年表

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 4件中  1-4を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07609210
  • ISBN
    • 4535066116
    • 4535066124
    • 4535066132
    • 4535066140
    • 4535066159
    • 4535066167
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ