戦争と放送 : 史料が語る戦時下情報操作とプロパガンダ

書誌事項

戦争と放送 : 史料が語る戦時下情報操作とプロパガンダ

竹山昭子著

社会思想社, 1994.3

タイトル読み

センソウ ト ホウソウ : シリョウ ガ カタル センジカ ジョウホウ ソウサ ト プロパガンダ

大学図書館所蔵 件 / 124

内容説明・目次

内容説明

放送70年の歴史のなかで、戦時のもつ意味は大きい。焼却処分をまぬがれた史料の一字一句が、キー・シンボルを駆使した情報操作を雄弁に語っている。

目次

  • 政府の放送政策
  • 日本放送協会の対応
  • ジャーナリズムたり得なかった放送
  • 1章 戦争プロパガンダの実想
  • 2章 放送への国民の反応
  • 3章 「マル秘敵性情報」にみる原爆投下
  • 4章 戦争の終結と放送

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ