書誌事項

サルの行動発達

南徹弘著

(シリーズ人間の発達, 10)

東京大学出版会, 1994.9

タイトル別名

Behavioral development in macaques

タイトル読み

サル ノ コウドウ ハッタツ

大学図書館所蔵 件 / 364

注記

欧文標題は標題紙裏による

文献: p215-230

索引: 巻末p1-3

内容説明・目次

内容説明

本書は、比較行動学の基本的な考え方をふまえてなされたサル類の行動発達についてまとめたものであり、また各発達段階における性差と性差発達についても述べている。遺伝的に決定される性の違いが行動発達の中でどのようにあらわれるか、そのような行動の違いが母子関係・仲間関係の中にどのように反映するのか、また性の違いがかれらの生涯発達にいかなる影響を及ぼすか、といったことを、本書をまとめる上での、いわば「縦糸」と考えてきた。

目次

  • 第1章 霊長類の行動研究
  • 第2章 行動発達と母子関係
  • 第3章 母子隔離と母子関係
  • 第4章 接触期の母子関係
  • 第5章 分離期の母子関係
  • 第6章 遊び行動と仲間関係
  • 第7章 性成熟と老化
  • 第8章 エピローグ—ヒトと人間の間

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11257489
  • ISBN
    • 4130131109
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 233, 3p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ