書誌事項

古代ギリシア発掘史

ロラン&フランソワ・エティエンヌ著 ; 松田廸子訳

(「知の再発見」双書, 46)

創元社, 1995.3

タイトル別名

La Grèce antique, archéologie d'une découverte

タイトル読み

コダイ ギリシア ハックツシ

大学図書館所蔵 件 / 264

注記

監修: 青柳正規

原著(c1990)の翻訳

参考文献: p184

ギリシア考古学年表: p172-177

内容説明・目次

内容説明

トロイアの遺跡、クノッソス宮殿、ミロのヴィーナス…。遺跡・遺物の宝庫であるエーゲ海周辺で繰り広げられた発掘調査の歴史は、国家間の破壊、略奪という負の歴史でもあった。ギリシアの豊かな芸術遺産を巡る国と人との物語。

目次

  • 第1章 「考古学」と「美術史」の始まり
  • 第2章 キリアコスとギリシア再発見
  • 第3章 大旅行時代の幕開け
  • 第4章 古典世界への憧れ
  • 第5章 略奪者の時代
  • 第6章 独立戦争の時代
  • 第7章 シュリーマンとエヴァンズ
  • 第8章 20世紀のギリシア考古学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN1226448X
  • ISBN
    • 4422210963
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    184p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ