ミミズのいる地球 : 大陸移動の生き証人

書誌事項

ミミズのいる地球 : 大陸移動の生き証人

中村方子著

(中公新書, 1298)

中央公論社, 1996.4

タイトル読み

ミミズ ノ イル チキュウ : タイリク イドウ ノ イキショウニン

大学図書館所蔵 件 / 280

注記

参考文献: p203-207

内容説明・目次

内容説明

地球上に登場して四億年の歴史を有するミミズは、その分布から大陸移動の根拠を与えてくれる。また、ダーウィンの晩年の書物『ミミズと土』にあるように、ミミズは生態系の一端を担っている。著者はポーランドでの生態学調査を皮切りに、ケニア、ハワイ、モンゴル、ガラパゴス等々へ、シャベル持参で採集調査に出かけて、思いがけぬ発見をする。オーストラリアへは巨大ミミズの見学に訪れる。小さなミミズが大きく見える異色の本。

目次

  • 第1章 庭のミミズ
  • 第2章 動物学的にみたミミズ
  • 第3章 ミミズの生態学
  • 第4章 ミミズを追って
  • 第5章 ミミズをあなどるなかれ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14229184
  • ISBN
    • 4121012984
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    207p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ