書誌事項

大陸国家アメリカの展開

野村達朗著

(世界史リブレット, 32)

山川出版社, 1996.5

タイトル読み

タイリク コッカ アメリカ ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 274

注記

参考文献: p88-90

内容説明・目次

内容説明

近代世界を知るにはアメリカ合衆国の歴史を知らねばならない。幕末以来、日本に最大の衝撃を与えてきたアメリカ。現代文明とは何かという問題をつきつける国アメリカ。そのアメリカは十九世紀の展開のなかでつくられた。君主のいない民主的共和国の樹立、黒人奴隷制の繁栄、独立自営農民による西部開拓、先住民からの掠奪と文化破壊、世界最大の工業国家への発展、移民の低賃金労働力への依存。矛盾に満ちた資本主義国家アメリカの生成発展を「普通の人々」の生活に思いを寄せながら描く。

目次

  • 19世紀のアメリカ
  • 民主主義国家アメリカの成立
  • 北東部と西部の展開
  • 南部黒人奴隷制社会の発展
  • 金ぴか時代
  • 変貌する南部と西部
  • 19世紀末のアメリカの変化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ