書誌事項

やがて中国の崩壊がはじまる

ゴードン・チャン著 ; 栗原百代, 服部清美, 渡会圭子訳

草思社, 2001.11

タイトル別名

The coming collapse of China

タイトル読み

ヤガテ チュウゴク ノ ホウカイ ガ ハジマル

大学図書館所蔵 件 / 267

内容説明・目次

内容説明

改革開放政策によって驚異の経済成長をとげた中国は「張り子の虎」にすぎない。いや、火のついたマッチ一本で爆発する「ガソリンの湖」というべきか。幹部の腐敗、瀕死の国有企業、法輪功の抵抗、各地で頻発する労働者・農民のデモ、チベットやウイグルの分離運動、台湾の独立問題。20年にわたって中国企業の法律コンサルタントをつとめた著者が、豊富に事例をもとに、体制維持の根幹にかかわる中国共産党の究極のジレンマを指摘。WTO加盟から5年以内に一党独裁体制は終焉を迎えると予測し、北京を動揺させた問題の書である。

目次

  • ディナー・パーティー—革命はもう古い
  • ガソリンの湖—爆発寸前の人民の不満
  • 工業テーマパーク—瀕死の国有企業
  • future@china.communism—共産党はインターネットに備えているか
  • 永久の命—能なし企業を永続させる産業政策
  • 崩れる土手—中国の金融破綻
  • 噛みつく蛇—国家による私有経済への攻撃
  • ハイウェイ・ガールズ—沈滞する中国の経済
  • 貿易という名の茶番劇—WTO加盟が崩壊の引き金に
  • 結ばれないことば—イデオロギーと政治が進歩を阻む
  • 東洋の新興国家—中国は進化できるのか
  • 滅びへの道—国はいかにして崩壊するのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54201520
  • ISBN
    • 4794210892
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    357p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ