思想課題としてのアジア : 基軸・連鎖・投企

書誌事項

思想課題としてのアジア : 基軸・連鎖・投企

山室信一著

岩波書店, 2001.12

タイトル読み

シソウ カダイ トシテノ アジア : キジク レンサ トウキ

大学図書館所蔵 件 / 308

内容説明・目次

内容説明

「アジアという空間」をめぐる壮大な思想史。近代日本は「アジア」をいかに認識し、いかに交わり、いかに構築しようとしたのか。

目次

  • アジアへの思想史的問いかけとその視角
  • 第1部 アジア認識の基軸(境域を画する言説;思想基軸としての文明;思想基軸としての人種 ほか)
  • 第2部 アジアにおける思想連鎖(国民国家形成と思想連鎖;西学と東アジア世界;西学による思想連鎖 ほか)
  • 第3部 投企としてのアジア主義(隠された政策原理;外交論策としてのアジア主義言説;二つの国家体系とアジア間外交 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ