書誌事項

生命と医療の倫理学

伊藤道哉著

(現代社会の倫理を考える / 加藤尚武, 立花隆監修, 2)

丸善, 2002.3

タイトル読み

セイメイ ト イリョウ ノ リンリガク

大学図書館所蔵 件 / 341

注記

参考文献: p180-188

内容説明・目次

内容説明

医療倫理学研究の最先端をいく筆者が、終末期医療、安楽死、インフォームドコンセントと医師の倫理、さらには医療過誤等の問題について、また、遺伝子診療、ES細胞、クローン人間、臓器移植など先端医学研究の倫理についても、具体事例を挙げて詳細に解説。関心をもつ一般読者向けのみならず、医学系のテキストとしても最適。

目次

  • 第1章 患者の権利、医師の裁量
  • 第2章 告知、インフォームドコンセント
  • 第3章 医療情報開示、個人情報保護
  • 第4章 臨床試験、GCP
  • 第5章 遺伝子診断、遺伝子治療、遺伝カウンセリング
  • 第6章 クローン技術、幹細胞研究、再生医療
  • 第7章 脳死、臓器移植
  • 第8章 終末期医療、緩和ケア、QOL
  • 第9章 安楽死、尊厳死、自殺幇助

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56263289
  • ISBN
    • 9784621049884
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 190p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ