書誌事項

家族と国家

佐々木潤之介編

(日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編集委員, 3)

吉川弘文館, 2002.7

タイトル読み

カゾク ト コッカ

大学図書館所蔵 件 / 346

注記

内容: 刊行のことば, I: 前近代の家族と国家(一「家・戸・保」-四「江戸時代前期人別改考」), II: 近代の家族と国家(一「日本ファシズムと家族制度」, 二「法的家族像と家族法制」), III: 身分制と支配イデオロギー(一「日本令における戸主と家長」-五「家と村と国家のイデオロギー」), 解説(佐々木潤之介), 主要参考文献, 執筆者紹介

主要参考文献: p370-372

初出書誌事項: 各論文末

収録内容

  • 家・戸・保 / 岸俊男著
  • 中世社会のイエと百姓 / 大山喬平著
  • 中世領主層の「族縁共同体」 / 鈴木国弘著
  • 江戸時代前期人別改考 / 大竹秀男著
  • 日本ファシズムと家族制度 / 依田精一著
  • 法的家族像と家族法制 / 井戸田博史著
  • 日本令における戸主と家長 / 河音能平著
  • 日本中世における家族と家族イデオロギー / 西尾和美著
  • 法的側面から見た江戸時代の嫁と舅姑 : 服忌令と女訓書をめぐって / 林由紀子著
  • 明治前期における戸籍制度の発展 / 福島正夫, 利谷信義著
  • 家と村と国家のイデオロギー / 金原左門著

内容説明・目次

目次

  • 1 前近代の家族と国家(家・戸・保;中世社会のイエと百姓;中世領主層の「族縁共同体」;江戸時代前期人別改考)
  • 2 近代の家族と国家(日本ファシズムと家族制度;法的家族像と家族法制)
  • 3 身分制と支配イデオロギー(日本令における戸主と家長;日本中世における家族と家族イデオロギー;法的側面から見た江戸時代の嫁と舅姑—服忌令と女訓書をめぐって;明治前期における戸籍制度の発展;家と村と国家のイデオロギー)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ