書誌事項

自己意識の現象学 : 生命と知をめぐって

新田義弘, 河本英夫編

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2005.6

タイトル読み

ジコ イシキ ノ ゲンショウガク : セイメイ ト チ オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

参考文献あり

文献案内: p245-248

内容説明・目次

内容説明

伝統的反省理論からの解放、過去の思想遺産の多角的な問い直しを通じて、自己意識本来のはたらきである“生きられた知の根源的な差異化運動”を明るみに出し、意識そのものの謎にせまる。

目次

  • 序論 自己意識の現象学の課題—反省理論からの解放
  • 1 自己意識の現象学(生き生きした現在と根源的分裂;身体構成と自己意識の可能性—カントおよびフッサールの時間論の深淵から ほか)
  • 2 自己意識論と現代の哲学(自己意識のアポリア—デュージング「自己意識の理念的発生史」の批判的紹介;“生の哲学”の自己意識論—ヨルクとディルタイにみられるその基本構想 ほか)
  • 3 自己意識と自己言及性(現代芸術論と自己意識—音楽経験と自己意識;意識への計算論的アプローチ—認知科学における自己意識論 ほか)
  • 4 大乗仏教の自己概念(「生き生きした現在」と述語的経験—現象学と東洋思想;唯識三性説と自己概念 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71985981
  • ISBN
    • 4790711331
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xiii, 250, vip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ