書誌事項

歴史のなかのソ連

松戸清裕著

(世界史リブレット, 92)

山川出版社, 2005.12

タイトル読み

レキシ ノ ナカ ノ ソレン

大学図書館所蔵 件 / 213

注記

参考文献: p89-90

内容説明・目次

内容説明

ソ連という「社会主義国家」があった。新聞などでは文脈に関係なく「旧」をつけられている、あの国だ。ソ連は約七〇年にわたり存在し、世界に大きな影響を及ぼした。その事実は、社会主義が魅力を失い、ソ連という国自体が消滅しても、消えることはない。ならば、この国について、忘却にまかせるのではなく理解を深めるほうがよいのではないだろうか。歴史のなかの存在となった今、ソ連とはどのような国であったのか、考えつつ記したのが本書である。

目次

  • 20世紀におけるソ連
  • 「社会主義国家」建設の苦難
  • 第二次世界大戦後の世界とソ連
  • 「アメリカ合衆国に追いつき、追いこす」
  • 「安定」から「停滞」へ
  • 冷戦の集結とソ連の解体

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ