はじめての共分散構造分析 : Amosによるパス解析

書誌事項

はじめての共分散構造分析 : Amosによるパス解析

小塩真司著

東京図書, 2008.6

タイトル別名

はじめての共分散構造分析 : Amos(エイモス)によるパス解析

タイトル読み

ハジメテ ノ キョウブンサン コウゾウ ブンセキ : Amos ニヨル パス カイセキ

大学図書館所蔵 件 / 309

注記

Amos関連文献: p255-256

内容説明・目次

目次

  • 第1章 分析のまえに—Amosとパス図の基本
  • 第2章 相関関係を表す—相関係数
  • 第3章 因果関係を表す—重回帰分析
  • 第4章 原因も複数・結果も複数—重回帰分析・偏相関係数
  • 第5章 因果関係の連鎖—重回帰分析のくり返し
  • 第6章 互いに影響しあう関係—双方向の因果関係と多母集団の分析
  • 第7章 潜在変数を用いる—因子分析
  • 第8章 2つの潜在変数—2因子の因子分析
  • 第9章 潜在変数を因果関係に組み込む—多重指標モデル・MIMICモデル
  • 第10章 より複雑なモデルへ—因子分析と重回帰分析の組み合わせ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ