「鎖国」という外交

書誌事項

「鎖国」という外交

ロナルド・トビ著

(日本の歴史 : 全集, 9)

小学館, 2008.8

タイトル別名

「鎖国」という外交 : 新視点近世史

鎖国という外交

タイトル読み

「サコク」 トイウ ガイコウ

大学図書館所蔵 件 / 447

注記

折り込図2枚

参考文献: p338-341

所蔵先一覧: p343

索引: p344-348

月報あり (8p ; 19cm)

内容説明・目次

内容説明

江戸幕府の外交はなぜ「鎖国」と呼ばれてきたのか。歴史が未来を切り拓く。

目次

  • 第1章 徳川政権と朝鮮通信使
  • 第2章 「鎖国」という外交—創造された「祖法」
  • 第3章 東アジア経済圏のなかの日本
  • 第4章 描かれた異国人
  • 第5章 朝鮮通信使行列を読む
  • 第6章 通詞いらぬ山—富士山と異国人の対話

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ