哲学と哲学史

著者

書誌事項

哲学と哲学史

(哲学の歴史, 別巻)

中央公論新社, 2008.8

タイトル読み

テツガク ト テツガクシ

大学図書館所蔵 件 / 446

注記

奥付の裏に「年表作成協力 大橋容一郎」とあり

表紙に「付・総索引/哲学史年表」の表示あり

総索引: p502-[672]

哲学史年表【1700-2007】: p678-717

文献あり

内容説明・目次

内容説明

哲学史に関する論考・鼎談・インタヴューに加え、追補コラム19本。さらに、総索引・年表を収録。重要な概念語・キーワードで西洋哲学史を串刺し検索。複数巻に分載されていた18世紀以降の年表を統合・拡充。

目次

  • 1 哲学史研究の意義と今後の課題
  • 2 哲学史研究の現在・鼎談
  • 3 日本における哲学史の受容
  • 4 日本における中世哲学研究
  • 5 哲学/哲学史の読み方・インタヴュー
  • 6 哲学の場所
  • 7 哲学の始点における断片的対話
  • 8 アンコール・追補コラム集
  • 9 書物が私を作った・アンケート
  • 総索引
  • 哲学史年表

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8691652X
  • ISBN
    • 9784124035308
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    717p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ