シュメル神話の世界 : 粘土板に刻まれた最古のロマン

書誌事項

シュメル神話の世界 : 粘土板に刻まれた最古のロマン

岡田明子, 小林登志子著

(中公新書, 1977)

中央公論新社, 2008.12

タイトル読み

シュメル シンワ ノ セカイ : ネンドバン ニ キザマレタ サイコ ノ ロマン

大学図書館所蔵 件 / 297

注記

巻頭に略年表あり

図版出典一覧 : p319-322

主要参考文献 : p323-325

索引 : p326-332

内容説明・目次

内容説明

いまから五千年前にティグリス、ユーフラテス河畔に栄えた人類最古の都市文明シュメル。粘土板には多くの神話が残され、ギルガメシュ叙事詩や大洪水伝説など、後世に伝えられたものも多い。これらの神話の世界では、酔っ払う大神、死後の国を覗こうとする女神、蛮族を征服する王、怪獣など、様々なキャラクターがいきいきと活躍している。代表的な神話のストーリーを紹介し、神神の役割や性格、舞台背景などを詳説する。

目次

  • 序章 粘土板に書かれた物語—シュメル神話の基礎知識
  • 第1章 「創世神話」—人間はなぜ創造されたか
  • 第2章 神々が送る大洪水の物語—伝説はシュメルにはじまる
  • 第3章 「楽園神話」と農耕牧畜比較論
  • 第4章 シュメル世界の規範「メ」と神々の聖船
  • 第5章 エンリル神とニンリル女神の性的ゲーム—成人向け神話
  • 第6章 大地母神と死んで復活する神—イナンナ女神冥界降下顛末記
  • 第7章 大王エンメルカルと「小さな王」ルガルバンダ
  • 第8章 『ギルガメシュ叙事詩』成立縁起—ビルガメシュ神の英雄譚
  • 第9章 王による王のための神話—英雄神の怪物退治
  • 終章 大河のほとりで—シュメル人国家の終焉とその後の伝承

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ