歌う国民 : 唱歌、校歌、うたごえ

書誌事項

歌う国民 : 唱歌、校歌、うたごえ

渡辺裕著

(中公新書, 2075)

中央公論新社, 2010.9

タイトル別名

歌う国民 : 唱歌校歌うたごえ

タイトル読み

ウタウ コクミン : ショウカ、コウカ、ウタゴエ

大学図書館所蔵 件 / 349

注記

参考文献: p286-293

内容説明・目次

内容説明

日本人の心の原風景として語られることの多い唱歌だが、納税や郵便貯金、梅雨時の衛生などの唱歌がさかんに作られた時期がある。これらは、ただひたすらに近代化をめざす政府から押しつけられた音楽でもあった。だが、それさえも換骨奪胎してしまう日本人から、歌が聞こえなくなることはなかったのである。唱歌の時代から「うたごえ」そして現代までをたどる、推理小説を読むような興奮あふれる、もう一つの近代史。

目次

  • 第1章 「国民音楽」を求めて
  • 第2章 「唱歌」の文化
  • 第3章 「唱歌」を踊る
  • 第4章 卒業式の歌をめぐる攻防
  • 第5章 校歌をめぐるコンテクストの変容
  • 第6章 県歌をめぐるドラマ
  • 第7章 「労働者の歌」の戦前と戦後

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03323131
  • ISBN
    • 9784121020758
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 293p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ