日中国交正常化 : 田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦

書誌事項

日中国交正常化 : 田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦

服部龍二著

(中公新書, 2110)

中央公論新社, 2011.5

タイトル別名

日中国交正常化 : 田中角栄大平正芳官僚たちの挑戦

タイトル読み

ニッチュウ コッコウ セイジョウカ : タナカ カクエイ、オオヒラ マサヨシ、カンリョウ タチ ノ チョウセン

大学図書館所蔵 件 / 335

注記

参考文献: p245-258

日中国交正常化関連年表: p260-262

内容説明・目次

内容説明

一九七二年九月、戦後三〇年近く対立していた中国と国交が結ばれた。この国交正常化交渉は、その後も続く歴史認識、戦争賠償、台湾問題、尖閣諸島など日中関係の論点が凝縮されていた。また冷戦下、アメリカとの関係維持に腐心しながら試みられたものだった。本書は、外交記録、インタビューなどからこの過程を掘り起こし、政治のリーダーシップに着目し、政治家、官僚たちの動きを精緻に追う。現代史を探る意欲作。

目次

  • 北京への道
  • 田中角栄と大平正芳—二つのリーダーシップ
  • ニクソン・ショック—ポスト佐藤へ
  • 田中内閣成立と竹入メモ—最初の接触
  • アメリカの影—ハワイでの田中・ニクソン会談
  • 台湾—椎名・蒋経国会談という「勧進帳」
  • 田中訪中と「ご迷惑」スピーチ—交渉第一日(一九七二年九月二五日)
  • 周恩来の「ブラフ」、大平の「腹案」—交渉第二日(九月二六日)
  • 尖閣諸島と田中・毛沢東会談—交渉第三日(九月二七日)
  • 日中共同声明と日台断交—交渉第四〜六日(九月二八〜三〇日)
  • 日中講和の精神

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ