紅茶スパイ : 英国人プラントハンター中国をゆく

書誌事項

紅茶スパイ : 英国人プラントハンター中国をゆく

サラ・ローズ著 ; 築地誠子訳

原書房, 2011.12

タイトル別名

For all the tea in China : how England stole the world's favorite drink and changed history

タイトル読み

コウチャ スパイ : エイコクジン プラント ハンター チュウゴク オ ユク

大学図書館所蔵 件 / 219

注記

原著(c2010)の翻訳

参考文献: p271-273

内容説明・目次

内容説明

19世紀、中国がひた隠ししてきた茶の製法とタネを入手するため、英国人凄腕プラントハンター/ロバート・フォーチュンが中国奥地に潜入…。アヘン戦争直後の激動の時代を背景に、ミステリアスな紅茶の歴史を描いた、面白さ抜群の歴史ノンフィクション。

目次

  • 一八四五年 中国の〓(びん)江
  • 一八四八年一月十二日 イギリス東インド会社本社
  • 一八四八年五月七日 ロンドン、チェルシー薬草園
  • 一八四八年九月 上海から杭州へ
  • 一八四八年十月 杭州寄りの浙江省
  • 一八四八年十月 長江の緑茶工場
  • 一八四八年十一月 安徽省にあるワンの実家
  • 一八四九年一月 上海
  • 一八四九年三月 カルカッタ植物園
  • 一八四九年六月 インド北西州サハランプル植物園〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ