ブルーノ・タウト : 日本美を再発見した建築家

書誌事項

ブルーノ・タウト : 日本美を再発見した建築家

田中辰明著

(中公新書, 2169)

中央公論新社, 2012.6

タイトル別名

ブルーノタウト : 日本美を再発見した建築家

タイトル読み

ブルーノ・タウト : ニホンビ オ サイハッケン シタ ケンチクカ

大学図書館所蔵 件 / 296

注記

参考文献: p185-188

内容説明・目次

内容説明

第一次大戦後のドイツ、タウトは貧困にあえぐ労働者のための集合住宅を華やかに彩り、「色彩の建築家」と呼ばれた。しかしナチスの圧迫を逃れて来日、白木の建築に感銘を受けて、日本美の紹介に努めた。その後トルコに招聘され、新しい様式の建築を展開した。激変する環境のなかで変容を重ねる作品を紹介しつつ、妻と秘書の二人の伴侶、建築家であった弟と子供のことなど複雑な人間関係を解明し、五八年の生涯を辿る。

目次

  • 第1章 修業時代
  • 第2章 円熟期を迎えて
  • 第3章 ベルリン・モダニズムのなかで
  • 第4章 日本美の再発見
  • 第5章 二人の伴侶—妻と秘書
  • 第6章 イスタンブールでの生活

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB09460033
  • ISBN
    • 9784121021694
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 195p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ