集合知とは何か : ネット時代の「知」のゆくえ

書誌事項

集合知とは何か : ネット時代の「知」のゆくえ

西垣通著

(中公新書, 2203)

中央公論新社, 2013.2

タイトル別名

集合知とは何か : ネット時代の知のゆくえ

タイトル読み

シュウゴウチ トワ ナニ カ : ネット ジダイ ノ チ ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 370

注記

主要参考文献: p218-220

内容説明・目次

内容説明

インターネットの普及以来、アカデミズムの中核を成してきた専門知が凋落する中で、集合知が注目を集めている。このネット上に出現した多数のアマチュアによる知の集積は、いかなる可能性をもち、社会をどのように変えようとしているのか。基礎情報学を中軸に据え、哲学からサイバネティクス、脳科学まで脱領域的に横断しつつ、二一世紀の知のあり方を問い、情報社会の近未来をダイナミックに展望する。

目次

  • 第1章 ネット集合知への期待
  • 第2章 個人と社会が学ぶ
  • 第3章 主観知から出発しよう
  • 第4章 システム環境ハイブリッドSEHSとは
  • 第5章 望ましい集合知をもとめて
  • 第6章 人間=機械複合系のつくる知

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11751924
  • ISBN
    • 9784121022035
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 220p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ