社会のイメージの心理学 : ぼくらのリアリティはどう形成されるか

書誌事項

社会のイメージの心理学 : ぼくらのリアリティはどう形成されるか

池田謙一著

(セレクション社会心理学 / 安藤清志, 松井豊編集委員, 5)

サイエンス社, 2013.4

新版

タイトル別名

社会のイメージの心理学 : ぼくらのリアリティはどう形成されるか

タイトル読み

シャカイ ノ イメージ ノ シンリガク : ボクラ ノ リアリティ ワ ドウ ケイセイ サレルカ

大学図書館所蔵 件 / 254

注記

引用文献: p268-275

内容説明・目次

内容説明

本書は20年前の初版を大幅リニューアルした新版。当時と比べて日本社会は大きく様変わりし、東日本大震災という大きな悲劇も経験した。本書では、「社会的現実」について長年研究を重ねてきた著者が、これまでの研究素材をふんだんに盛り込み、様々な角度から論じている。震災後の日本社会における突破口を模索した一冊ともなっている。

目次

  • 1 悲劇のリアリティ—社会的現実とは
  • 2 「信じられないけれど、本当?」—社会的現実の基盤としての制度
  • 3 「日常的常識」と社会的現実
  • 4 信頼と社会構造
  • 5 異質な他者のいる世界
  • 6 マスメディアとインターネット
  • 7 社会のイメージの心理学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ