書誌事項

貧しい人を助ける理由 : 遠くのあの子とあなたのつながり

デイビッド・ヒューム著 ; 太田美帆 [ほか] 訳

日本評論社, 2017.11

タイトル別名

Should rich nations help the poor?

タイトル読み

マズシイ ヒト オ タスケル リユウ : トオク ノ アノ コ ト アナタ ノ ツナガリ

大学図書館所蔵 件 / 222

注記

原著 (Polity Press, c2016) の翻訳

監訳者: 佐藤寛

その他の訳者: 土橋喜人, 田中博子, 紺野奈央

もう少し勉強したい人のための読書ガイド: 巻末p1-8

内容説明・目次

内容説明

日本人さえ豊かでいられればそれでいいのか?金持ち国に住む我々と「遠くの見知らぬ貧しい人」とのつながりが、どれほど密接かつ多岐にわたるのか。金持ち世界に「自国民第一主義」が蔓延する中、その逆風に立ち向かい、「貧しい人を助ける理由」を次々に挙げていく。

目次

  • 第1章 なぜ遠くの貧しい人のことを心配しなければならないのか(なぜやり方を変えなければならないのか;成績表:どの国がどのくらい貧しい人を助けてきたか ほか)
  • 第2章 対外援助の限界(援助:量か質か?;援助は役に立っているか? ほか)
  • 第3章 何ができるのか?(成長に関するつかみどころのない探求;財源:マリはデンマークのように振る舞えるのか? ほか)
  • 第4章 気候変動と不平等(気候変動:それがすべてを変動させる;この世の終わりは近いのか ほか)
  • 第5章 約束破りから地球規模の協働へ(何をなすべきか;変化を実現するには ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ