ウォーキングの科学 : 10歳若返る、本当に効果的な歩き方

書誌事項

ウォーキングの科学 : 10歳若返る、本当に効果的な歩き方

能勢博著

(ブルーバックス, B-2113)

講談社, 2019.10

タイトル別名

ウォーキングの科学 : 10歳若返る本当に効果的な歩き方

タイトル読み

ウォーキング ノ カガク : 10サイ ワカガエル、ホントウニ コウカテキナ アルキカタ

大学図書館所蔵 件 / 301

注記

参考文献・出典: p223-228

内容説明・目次

内容説明

豊富な科学的エビデンスから、持久力、筋力の向上をもたらす歩き方、時間、頻度が導き出された!さらに、血圧、血糖値、コレステロールなどの生活習慣病指標を下げ、うつ病、認知症、がんなど、さまざまな病気に影響を与える炎症反応を抑える可能性や、不眠や関節痛の改善につながること、骨年齢の若返りも確認されている。忙しい人でも、運動嫌いの人でも、膝や腰が痛くても、リハビリ中でも応用できる、画期的な歩き方を徹底解説。生理学の研究から明らかになった、いつものウォーキングを劇的に変えるメソッド。

目次

  • 第1章 体力とはなにか(実感、体力向上効果;体力とはなにか?;運動時のエネルギー源 ほか)
  • 第2章 効果的なウォーキング「インターバル速歩」とは(体力向上はウォーキングで十分だった!;体力向上が加齢による症状を改善する;インターバル速歩と炎症反応を引き起こす遺伝子 ほか)
  • 第3章 「インターバル速歩」をより効果的にする科学(インターバル速歩とサプリメント;インターバル速歩の後に乳製品を摂取すると…;「インターバル速歩+乳製品摂取」で、さらに驚きの効果が ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ