書誌事項

こころと身体の心理学

山口真美著

(岩波ジュニア新書, 923)

岩波書店, 2020.9

タイトル別名

こころと身体の心理学

タイトル読み

ココロ ト シンタイ ノ シンリガク

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

参考文献: p219-221

内容説明・目次

内容説明

SNSやバーチャルリアリティが普及し、身体のとらえ方は多用化している。一方でリアルな痛みは自分の存在を実感させ、他者の痛みにも気づかせてくれる。金縛り、絶対音感、摂食障害、全盲者がつくりあげる空間世界—脳科学や様々な事例をもとに、第一線の科学者が自身の病とも向き合って解説した、今を生きるための身体論。

目次

  • 序章 アンバランスな身体—金縛りはなぜおきる?
  • 第1章 人それぞれの身体感覚
  • 第2章 魅力的なカラダとは?
  • 第3章 共感覚、絶対音感、そして「痛み」を感じる身体
  • 第4章 拡張する身体と、身体感覚のコントロール
  • 終章 少し長いあとがき—こころと身体から、自分を知る

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ