荘園 : 墾田永年私財法から応仁の乱まで

書誌事項

荘園 : 墾田永年私財法から応仁の乱まで

伊藤俊一著

(中公新書, 2662)

中央公論新社, 2021.9

タイトル読み

ショウエン : コンデン エイネン シザイ ホウ カラ オウニン ノ ラン マデ

大学図書館所蔵 件 / 268

注記

参考文献: p269-278

内容説明・目次

内容説明

荘園は日本の原風景である。公家や寺社、武家など支配層の私有農園をいい、奈良時代に始まる。平安後期から増大し、院政を行う上皇の権力の源となった。鎌倉時代以降、武士勢力に侵食されながらも存続し、応仁の乱後に終焉を迎えた。私利私欲で土地を囲い込み、国の秩序を乱したと見られがちな荘園だが、農業生産力向上や貨幣流通の進展に寄与した面は見逃せない。新知見もふまえ、中世社会の根幹だった荘園制の実像に迫る。

目次

  • 第1章 律令制と初期荘園
  • 第2章 摂関政治と免田型荘園
  • 第3章 中世の胎動
  • 第4章 院政と領域型荘園
  • 第5章 武家政権と荘園制
  • 第6章 中世荘園の世界
  • 第7章 鎌倉後期の転換
  • 第8章 南北朝・室町時代の荘園制
  • 第9章 荘園制の動揺と解体
  • 終章 日本の荘園とは何だったのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC09869190
  • ISBN
    • 9784121026620
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 281p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ