書誌事項

ああダンプ街道

佐久間充著

(岩波新書, 黄版 266)

岩波書店, 1984.5

タイトル読み

アア ダンプ カイドウ

大学図書館所蔵 件 / 287

注記

「その後の変化を各章の巻末に若干追加」(p223 第6刷にあたって)

内容説明・目次

内容説明

建築資材や埋立てに使われる山砂の主産地、千葉県君津市ではこの二十年、丘陵が次々に削られ、一日に四千台も通るダンプカーが沿道住民に騒音、振動、交通災害や粉じんによる健康破壊をひき起こしている。その実態を精力的な調査によって初めて明らかにするとともに、合計千キロ以上の同乗によって聞き出した運転手たちのホンネを伝える。

目次

  • はじめに コンクリート文明の陰で
  • 1 狙われた山砂—千葉県君津市
  • 2 ダンプ公害を検証する
  • 3 「ダンプ野郎」たちの言い分
  • 4 舞う粉じん、住民の肺へ
  • 5 深刻な被害が浮き彫りに
  • 6 各地のダンプ街道を見る
  • 7 どこまで続く、ダンプ公害

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ