スルタンガリエフの夢 : イスラム世界とロシア革命

書誌事項

スルタンガリエフの夢 : イスラム世界とロシア革命

山内昌之著

(新しい世界史, 2)

東京大学出版会, 1986.12

タイトル読み

スルタン ガリエフ ノ ユメ : イスラム セカイ ト ロシア カクメイ

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 306

注記

スルタンガリエフの肖像あり

参照文献: 巻末p1-14

スルタンガリエフの関係したムスリム諸組織の名称: 巻末p15-17

内容説明・目次

内容説明

スルタンガリエフは、きらめくようなひと筋の光芒を歴史の舞台に残しながら、またたくまにロシアの暗がりの中に姿を消した星である。ロシア革命の閃光と共に登場したスルタンガリエフは、ムスリム民族共産主義の父であった。このタタール人革命家は、ボリシェヴィキの思想にはらまれる「普遍主義」や「オリエンタリズム」の限界をいちはやく見ぬいていた。かれは、ムスリム自身の手で旧ロシア帝国のムスリム民族地域の脱植民地化をはかろうとした知られざる預言者でもある。スルタンガリエフは、生き急ぎ非業の死にたおれた須臾の人生において、社会主義とナショナリズム、それにイスラムの調和と総合を目指した。この「第三世界社会主義」の忘れられた先駆者は、ベン・ベッラ、フランツ・ファノン、アリー・シャリーアティーなどにも深い感銘を与え、激動する中東イスラム世界の現代史にも大きな衝撃を静かに及ぼしている。

目次

  • 序章 イスラム・社会主義・ナショナリズム
  • 第1章 タタールとロシア(「異教徒の国で」;もう一つのディアスポラ;イスラム改革思想;スルタンガリエフの精神的系譜)
  • 第2章 民族と革命(社会主義のウンマ;タタール三月革命)
  • 第3章 「異端」の社会主義(スルタンガリエフの革命思想;ムスリム民族共産主義への道と挫折)
  • 第4章 並行する権力(社会主義化するイスラム;タタール自治ソヴェト共和国)
  • 第5章 スルタンガリエフ主義、神話と現実(陰謀;「反革命」)
  • 終章 預言者スルタンガリエフ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ