二つの黒人帝国 : アフリカ側から眺めた「分割期」

書誌事項

二つの黒人帝国 : アフリカ側から眺めた「分割期」

岡倉登志著

(新しい世界史, 6)

東京大学出版会, 1987.6

タイトル別名

アフリカ側から眺めた分割期

タイトル読み

フタツ ノ コクジン テイコク : アフリカガワ カラ ナガメタ ブンカツキ

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 291

注記

参考文献リスト: 巻末p1-12

内容説明・目次

内容説明

19世紀半ば、アフリカ大陸のいくつかの地域は、「戦国時代」にあった。東のエチオピア帝国と西のサモリ帝国は、この状況を打破して統一国家を建設するが、すぐに未知の白い侵略者の影に脅かされ始め、ついには姿を現わしたヨーロッパ列強と軍事的に衝突し、サモリ帝国は崩壊する。だが、エチオピア帝国はアフリカ大陸の例外として生き続けた。本書は、この2帝国を軸にすえ、「アフリカ分割期」を見直そうとする試みである。

目次

  • 序章 舞台—サバンナと高原の黒人帝国
  • 第1章 帝国建設への道
  • 第2章 ジュラ革命と「近代化」
  • 第3章 ヨーロッパの影
  • 第4章 二つの黒人帝国とアフリカ世界
  • 第5章 運命の別れ道—1896〜98年

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01220019
  • ISBN
    • 4130250701
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 294, 13p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ