個 (わたし) と共同性 (わたしたち) : アジアの社会主義

書誌事項

個 (わたし) と共同性 (わたしたち) : アジアの社会主義

吉沢南著

(新しい世界史, 9)

東京大学出版会, 1987.11

タイトル別名

個と共同性

タイトル読み

ワタシ ト ワタシタチ : アジア ノ シャカイ シュギ

大学図書館所蔵 件 / 300

注記

文献: 巻末p1-13

内容説明・目次

内容説明

本書では、アジア(具体的には中国とベトナム)の社会主義の歴史と現実を捉らえる分析視角として、「先進」国日本にも共通する課題を設定したい。それを包括的に言えば、概念的には対立的に扱われ、現実の過程では相互に浸潤し合っている〈個〉(私的なるもの。個人、ある意味での家族)と〈共同性〉(公的・共同的なるもの。民族、国家、社会、集団、共同組合)との関係のあり方を、所有と社会関係の変遷を軸に辿ることである。この共通する課題から見すえるなら、社会主義のアジア社会を等身大に描くことができ、またそのアジア的特質をも浮き彫りにできるにちがいない。

目次

  • 第1章 民族の解放と個の獲得物—土地改革(地主を倒す;変革の出発点における個人の領域と社会の領域;土地改革による社会関係の変化;個の獲得物と要求される新しい能力)
  • 第2章 助け合う精神—互助組から合作社へ(不平等の徴候をどう分析するか;「助け合う精神」と個;集団化と社会主義の注入)
  • 第3章 「上からの共同性」—欲望の主体としての国家(高級農業生産合作社の農民;民衆の反乱;欲望の主体としての国家と禁欲させられる個;戦時下のベトナム農民)
  • 終章 自覚化される個と建設される共同性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ