背教者の系譜 : 日本人とキリスト教

書誌事項

背教者の系譜 : 日本人とキリスト教

武田清子著

(岩波新書, 青-862, C162)

岩波書店, 1973.6

タイトル読み

ハイキョウシャ ノ ケイフ : ニホンジン ト キリストキョウ

大学図書館所蔵 件 / 259

注記

シリーズ番号表示: 第3刷 (2018年9月刊) の背と表紙には「C162」の表示あり

内容説明・目次

内容説明

日本人はキリスト教をどのように受け止めてきたのか。日本文化とは異質な価値との出会いから生まれる熾烈なドラマを展開してきた背教者たち。神とは何か、正統と異端、原罪意識…苦悩と共に生きる姿を描き出すことで、キリスト教信仰の非教義的な把握を試み、日本人とキリスト教の関係に新たな視点を提供する。

目次

  • 1 日本人とキリスト教(背教者にとっての「壁」;日本文化における「父の像」と「母の像」—宗教的シンボリズムの問題;文化と社会の革新—「壁」をうがつ)
  • 2 正統と異端のあいだ—背教者の一系譜(モーセとフロイド;正統と異端のあいだ;背教者の系譜)
  • 3 木下順二のドラマにおける原罪意識(通奏低音としての原罪意識;秋元松代の土着的罪観との対比;自己否定と歴史の創造)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01815876
  • ISBN
    • 9784004121626
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 220p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ