書誌事項

戦後政治史

石川真澄著

(岩波新書, 新赤版 367)

岩波書店, 1995.1

タイトル読み

センゴ セイジシ

大学図書館所蔵 件 / 409

内容説明・目次

内容説明

自民単独支配の終焉後、いっそう混迷の度を深める日本の政治。そのゆくえを考える上で、戦後五〇年の歩みをたどり直すことは、何よりも有効にちがいない。本書は、好評の『データ戦後政治史』(一九八四年刊)を大幅に増補、改訂した新版。ベテラン政治記者が激動の現代史を手ぎわよく記すとともに、衆参両院の全選挙結果一覧を収める。

目次

  • 敗戦
  • 占領と改革の開始
  • 憲法改正
  • 政党の復活
  • 戦後最初の総選挙と第一次吉田内閣
  • 社会党、第一党に
  • 初の単独過半数政党
  • 講和の前後
  • 吉田対鳩山、左社対右社
  • 保守一党優位体制の成立〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ