書誌事項

危険社会 : 新しい近代への道

ウルリヒ・ベック [著] ; 東廉, 伊藤美登里訳

(叢書・ウニベルシタス, 609)

法政大学出版局, 1998.10

タイトル別名

Risikogesellschaft auf dem Weg in eine andere Moderne

タイトル読み

キケン シャカイ : アタラシイ キンダイ エノ ミチ

大学図書館所蔵 件 / 490

注記

原著(Suhrkamp, 1986)の完訳. 二期出版(1988年刊)で省略した原著第2部を新たに訳出し,修正・加筆したもの

参考文献: 巻末p1-18

主な邦語訳文献: 巻末p19-20

内容説明・目次

内容説明

チェルノブイリ原発事故、ダイオキシン…、致命的な環境破壊を増殖させる社会のメカニズムを分析。エコロジー運動の展開にも多大に貢献した欧米でのベストセラー。

目次

  • 第1部 文明という火山—危険社会の輪郭(富の分配と危険の分配の論理について;危険社会における政治的知識論)
  • 第2部 社会的不平等の個人化—産業社会の生活形態の脱伝統化(階級と階層の彼方;わたしはわたし—家族の内と外における男女関係;生活情況と生き方のモデル—その個人化、制度化、標準化;職業労働の脱標準化—職業教育と仕事の未来)
  • 第3部 自己内省的な近代化—科学と政治が普遍化している(科学は真理と啓蒙から遠く離れてしまったか—自己内省化そして科学技術発展への批判;政治の枠がとり払われる—危険社会において政治的コントロールと技術‐経済的変化とはいかなる関係に立つか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA3812915X
  • ISBN
    • 9784588006098
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 472, 20p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ