書誌事項

悲鳴をあげる身体

鷲田清一著

(PHP新書, 058)

PHP研究所, 1998.11

タイトル別名

悲鳴をあげる身体

タイトル読み

ヒメイ オ アゲル シンタイ

大学図書館所蔵 件 / 244

内容説明・目次

内容説明

ピアシング、拒食・過食、あるいは性。本来なら、ひとを癒し快くする行為が、身体への攻撃として現象している今。わたしたちは、なにか身体に深く浸透しているはずの「智恵」と「想像力」を失いつつあるのではないか。医療システムを通してしか関与できない非人称の身体と、フィットネスなどによって完璧に支配されるプライヴェイトな身体。引き裂かれた身体の状況をさまざまな角度から論じながら、他者との関わりにおいてこそはじめて存在する「身体」の本質について考える。

目次

  • 第1章 パニック・ボディ—身体がアブない。
  • 第2章 からだの経験—身体はいつもアブない。第3章 からだの幸福(間奏1)—身体には想像力がある。
  • 第4章 生の交換、死の交換—もはやだれのものでもない身体は、もう少しアブない。
  • 第5章 からだのコモンセンス(間奏2)—身体には智恵がある。
  • 第6章 「ゆるみ」と「すきま」—ひたすら(わたし)であろうとする身体が、いちばんアブない。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA38812614
  • ISBN
    • 4569603092
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    201p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ